透析や移植を考えましょうと言われたら

腎不全の治療は、これからの生活を支える大切な治療です。医療スタッフやご家族と相談しながら一緒に自分に合った治療について考えましょう。

透析や移植を考えましょうと言われたら

透析や移植を考えましょうと言われたら

「透析治療によって日常生活はどのように変わってしまうのか?」
透析が必要と言われた時、8割を超える患者さんが生活の変化に不安を持っていたという調査結果があります。さらに、今まで通り仕事や家事を続けられるのか、食事制限はどのように変わるのか、体調がどう変化するのかなど、多くの不安が挙げられています。(1)

腎不全の治療は、患者さんのこれからの生活を支える大切な治療ですが、様々な不安の中で、病気や治療のことを理解して、自分ひとりで治療を決めることは、決して容易ではありません。そこで、患者さん・ご家族と医療スタッフとがチームとなって一緒に最善と思われる治療法を選ぶ「共同意思決定」(Shared Decision Makingシェアード・ディシジョン・メイキング)と呼ばれる方法があります。医療スタッフは患者さんに病気や治療法についての情報を伝え、患者さんやご家族は医療スタッフに生活環境や好み、大切にしていることなどの気持ちを伝えることで、一緒に自分に合った治療をみつけていくという考え方です。(2)

治療について知りたいこと、不安なこと、日々の暮らしの中で楽しみにしていること、続けたいこと、大切なこと、思いや状況は、一人一人異なります。また、治療を選ぶ理由もひとそれぞれです。
自分に合った治療を見つけるために、患者さん一人で悩むのではなく、ご家族や医療スタッフに自分の思いや希望、状況を伝えて相談してみましょう。
(1) NPO法人腎臓サポート協会 2019年 会員アンケートより
(2) 参考:腎臓病SDM推進協会

腎不全の治療 ~自分に合った治療法を見つけるために~

腎不全の治療について動画でご紹介しています。これからの治療を考える際の参考になさってください。

腎不全の治療 ~自分に合った治療法を見つけるために~ (約18分)
(監修:腎臓病SDM推進協会) JP—00080-V1

腎代替療法には、大きくわけて「透析療法」と「腎移植」があります。

「透析療法」は、血液から腎臓がろ過できなくなった老廃物や余分な水分を除去する治療で、腎臓の働きのうち、体の水分量やミネラルの調節、老廃物の排泄を補うことができます。主に医療機関で行う「血液透析(HD)」と、自宅で行う「腹膜透析(PD)」があります。
また、この二つを組み合わせた「併用療法」も行われています。

腎移植は、腎臓のほぼすべての機能を補うことができる治療です。

なお、一度始めた治療でも、病状や生活環境の変化に応じて、治療法を変更することが可能です。

当サイトでは、腎不全の治療の選択肢について説明しています。医療スタッフやご家族に相談する際の参考にしてください。

腎代替療法の選択肢

腎代替療法の選択肢

* 血液透析と併用するPD + HD併用療法もあります
** 自宅で行う在宅血液透析 (HHD) もあります

病院をお探しの方へ

病院をお探しの方へ

慢性腎臓病の保存期治療を行っていて、腎不全の治療が必要な患者さんには、治療の選択肢(腹膜透析・血液透析・移植 等)についての説明が行われている病院が登録されています。
(※外部のサイトへリンクします)

NPO法人 腎臓サポート協会 病院検索ページへ

関連情報を見る

腹膜透析(PD)

腹膜透析(PD)

自分の体の中の「腹膜」を利用して血液をきれいにする方法で、自宅で行えます。腹膜透析(PD)についてご紹介します。

血液透析(HD)

血液透析(HD)

自宅近くの病院や治療施設で透析を受けたいと思われるかもしれません。血液透析(HD)についてご紹介します。

腎移植

腎移植

透析以外の治療として腎移植があります。腎移植についてご紹介します。